産後の骨盤矯正について

ここでは、当院が提供する産後の骨盤矯正についてご説明いたします。 どのような方がどんなタイミングで骨盤矯正を受けたらいいのか、詳しくお伝えしますのでぜひご覧ください。

1分でチェックできます!
チェックはとっても簡単、1分で済みます!

そもそも、産後になぜ骨盤矯正が必要なのか?

産後に骨盤矯正が必要な理由、それはとてもシンプルです。

多くの方は、出産によって骨盤が大きく開き、歪みます。歪んだ骨盤は数カ月かけて元の状態に戻ろうとしますが、妊娠や出産期間中の生活などによっては戻りにくくなり、最悪、元に戻らないこともあります。

そして、骨盤が歪んだまま放置しておくとさまざまなトラブルが起きやすくなるため、骨盤矯正が必要なのです。

歪んでいるとこんな状態です

骨盤が歪んでいると痛みが出やすくなります。

具体的には、次のような症状が発生する可能性が高くなります。

  • 脂肪の燃焼が上手くいかず太りやすくなる
  • 肩こりや腰痛に悩まされるようになる
  • 冷え性や身体のむくみに悩まされる
  • 生理不順などが起きやすくなる

出産したら体質が変わったのかも?と勘違いしやすい症状ばかりですね。

わたしにも産後の骨盤矯正って必要?

先ほど、骨盤矯正が必要なのは必ずしも全員ではないとお伝えしましたが、実際にご自分はどうなのか気になるかと思います。そこで、簡単なチェックリストをご用意しました。

該当する項目が多いほど、骨盤矯正を受ける必要が高いということです。

産後の骨盤矯正が必要かどうかチェックしてみましょう!

当てはまる項目をチェックしてみましょう。

  • 産後、生理痛が酷くなったり生理が重くなったりしている
  • 産後、便秘や冷え性に悩んでいる
  • 産後、むくみやすくなった
  • 産後、肩こりや腰痛が酷くなった
  • 子供を抱っこするときは基本的にいつも同じ手、同じ向きになる
  • 足を組む癖がある
  • 左右の腕の長さや肩の位置が違う気がする

いかがでしょうか?当てはまるものはありましたか?

肩こりマジヤバたにえん

その悩みは「歪み」が原因です!

じゃあ、いつから受けたほうがいいの?

骨盤矯正を受けた方がいいという結果になった方は、いつ受ければいいのかと気になっていることでしょう。当院では、患者様に次のような目安をお伝えしています。

正常分娩の場合:産後1カ月を経過したくらいから

帝王切開の場合:産後2カ月を経過したくらいから

出産方法によっても異なりますが、出産後の1~2カ月間は、身体が元に戻ろうとしている期間なので安静にしなければいけません。逆に、その期間を過ぎたらできるだけ早めに骨盤矯正をおすすめしています。

出産後、1ヶ月経過してからがベストです。

安静にする期間を過ぎたらお早目に!

あまり期間が開いてしまうと、筋肉が固くなり歪みが戻りにくくなるので注意しましょう。

千葉みなとオレンジ整骨院の産後の骨盤矯正について

当院では、肩こりや腰痛などについても「歪み」の矯正が必要であると考えています。骨盤矯正も同様で、骨盤だけでなく全身の歪みを整える施術を行っております。

   

痛む施術ではありませんのでご安心ください!

出産後のママさんにも安心してご来院いただけるよう、ベビーベッドやキッズスペースもご用意しております。

キッズスペース

ファミリーでご来院される方もたくさんいらっしゃいます。

現在、1日3名様限定のキャンペーンを行っておりますので、ぜひ一度お試しください。骨盤矯正はタイミングも大切です!

初回割引

予約優先ですので、お早目にご予約ください!